保湿力のある化粧品を使う

肌が乾燥肌でもオイリー肌でも保湿力がある化粧水は必要です。ニキビには保湿がとても重要なのです。保湿をしっかりできていると、ニキビはできにくくなりますし、できていても数が少なくなっていくのです。

ニキビ肌専用の化粧水を使って、肌が乾燥してしまって、逆にニキビがひどくなることもあります。一般的にニキビには皮脂が原因なのだから、さっぱりとさせたほうがいいというような考えがありますが、本当はその逆で、保湿されていると、肌から余分な皮脂が分泌されないので、ニキビの原因になる余計な皮脂が作られないので、ニキビができにくくなるのです。

洗顔後は5分以内に化粧水をつけるようにします。そうすることで肌が乾燥しなくて済むのです。皮脂は肌にとってとても大切なものなのです。外からの雑菌が入ってくるのを防いでくれているのです。早く洗顔後に化粧水をつけて潤いを与えないと、肌が異常を感じて、どんどん皮脂を分泌することになるのです。

保湿がしっかりとできていないと、毛穴に皮脂がたくさん作られてしまって、ドライ肌なのにニキビがでいるというような状態になってしまうのです。しっかりと保湿力がある化粧水を使うことがとても大切なことなのです。