ニキビができる仕組み

私たちの肌は正常な時には角質層も皮脂腺も正常な働きをしていて、非常にいいバランスです。毛穴に皮脂がたまることがなく、それでニキビもできないのですが、何らかの異常で、毛穴に皮脂が詰まるようになったらニキビができてしまいます。体の調子が乱れて、一緒にターンオーバーも乱れてしまうとニキビができるのです。

肌がだんだん硬くなっていき、角質層が厚くなっていき、毛穴が小さくなり中に皮脂が詰まったような状態になってしまいます。そこでコメドができてしまうのです。

毛穴が塞がれたような状態になって、中に皮脂がたまりニキビができます。いわゆる白ニキビで、顎あたりにできやすいニキビです。触るとしこりが感じられるとしたら、化膿していることを示します。

毛穴の頭が少し開いていて、中からコメドが頭を出しているような状態で、いわゆる黒ニキビと呼ばれるものです。

そして、コメドを栄養源にして、アクネ菌などの菌がどんどん増えていくと炎症が起こり、赤ニキビと呼ばれるニキビになります。赤ニキビになると、ニキビはかなり進行しているということになります。それが悪化していくと、中に膿が溜まって化膿がひどくなり、触ると痛みを感じるようになります。

毛穴が膿でいっぱいになって、ついにはニキビが潰れてしまって、中から膿が出てきます。芯と呼ばれるものが出てくることもありますし、十分に排出されなかった膿は体内に吸収されるようになっていて、後にはにきび跡が残ります。